大澤明彦

ご挨拶

社労士事務所で15年間実務経験を積みこの度、開業致しました。

事務所は、「人を大切にする経営」を実現し、良好な労使関係を維持し、それにより、生産性の向上を事業主様とともに目指したいと思います。

そのためには、きれいごとばかりを言っていては実現できません。時には苦言を呈することもあると思います。しかし、ビジネスパートナーとなっていただいたお客様のことは、最後まで守りぬきます。

法律は、こうなっていますといった、役所へ問い合わせれば、わかるような杓子定規な回答はせず、常に、事業主様の立場にたって、今までの経験で蓄積された他社事例などを考慮し、今、何がこの会社にとってベストな選択なのかを考え、現実的なアドバイスを行っていきます。

 

 

略歴

 

(学歴)

 19913月 埼玉県立大宮高等学校卒

19963月 駒澤大学法学部法律学科卒

20103月 青山学院大学大学院法学研究科卒(修士<ビジネスロー>)

 

(職歴)

  大学卒業後、医療法人総務に就職し、健康診断事務、介護老人保健施設の開設準備、介護老人保健施設の総務及び介護保険請求事務に従事する(5年6ヶ月)。新入社員で入社後、4か月目から、理事長や総務課長とともにゼネコンとの建築関係の打ち合わせや東京都への開設許可申請書類の作成等新卒では経験できない貴重な経験をたくさんさせていただきました。施設の部屋の家具の色を理事長のご厚意で私に決めさせていただいたことが今でも印象に残っています。また、デイサービスでの送迎でお年寄りと触れ合うことで、誰かの役に立てる仕事のすばらしさを実感できました。この間に働きながら、社労士の勉強をし、何とか合格できました。

 

 資格を活かすために、医療法人を退職後、インテリジェンスの子会社で人事業務を経験しました(1年)。社員50名程度の小さな会社であったため、何でも一人で対応しなければならず、短い期間でしたが、人事業務全般について貴重な経験ができました。

 

 より社労士としての専門性を高めるため、退職後、町田市の河村卓先生の事務所である社労士法人ジャパン・パーソネル・サポートに就職しました。当初は、個人事務所でしたが、2003年4月の法人化に伴い法人の役員である法人社員としていただきました。(5年3ヶ月)。ここで河村先生から厳しいご指導をいただき、1人前に育てていただきました。ここでの実務経験が今の私の礎となっていると言えるほどです。

 

 その後、社労士法人SCS社労士事務センター市ヶ谷オフィス勤務(1年)を経て、i6コンサルティング社労士法人にマネージャーとして勤務(8年9ヶ月)しました。i6では、誰もが知っているような有名企業とお付き合いさせていただき、その大半が外資系企業で、小規模の事務所では経験できない貴重な経験をさせていただきました。

 そして、2018年5月個人で事務所を開業致しました。

 

 社労士事務所にて15年間実務経験を積み、その間に、臨時労働保険指導員(2005年、

2006年)、算定相談コーナー相談員(2005年)、未適用事業所巡回指導員(2005年、2006年)、ねんきん相談コーナー臨時相談員(2007年)も経験しており、労働保険及び

社会保険手続全般に精通しております。

  また、宿泊、サービス、製造、小売、医療、福祉、医療機器、不動産、建設、派遣、請負業等、様々な業種や規模の採用、退職、労働時間管理等の労務相談を担当し、大学院でも労働法を基礎から勉強し、法律と実務ともに精通しております。

 

就業規則作成・変更実績多数あります。

 

上記の通り、手続き及び労務相談を得意分野としております。

 

(資格)

特定社会保険労務士(登録番号 第13010036号)

行政書士(1996年合格)

1種衛生管理者(2001年)

DCプランナー2級(登録番号200203-02-01204

銀行業務検定年金アドバイザー2級(2002年)

宅地建物取引主任者(2001年合格)