大澤明彦

ご挨拶

 代表の大澤明彦です。社労士事務所で15年間実務経験を積み、開業致しました。

 従業員との労務トラブルは、予防が大切です。

 なぜなら、従業員の不満が表面化する時には、既に問題は大きくなっており、それから対応したのでは、事態の収拾が困難なケースが多いからです。また、トラブルが起きてしまってからの対応を誤ると最悪のケースでは、訴訟を提起され、多額の費用を支払わなければならないこともございます。

 当事務所は、お客様に正しい労務管理を行っていただくことにより、労務トラブルを未然防止し、良好な労使関係を築き、生産性の向上を実現するお手伝いをさせていただきます。

 そのためには、きれいごとばかりを言っていては実現できません。時には苦言を呈することもあると思います。

 法律は、こうなっていますといった、役所へ問い合わせれば、わかるような杓子定規な回答はせず、今までの経験で蓄積された他社事例などを考慮し、今、何がこの会社にとってベストな選択なのかを考え、現実的なアドバイスを行っていきます。

 何かお困りなことがございましたら、当事務所までお気軽にご相談ください。

 

経歴

 (学歴)

19913月 埼玉県立大宮高等学校卒

19963月 駒澤大学法学部法律学科卒

20103月 青山学院大学大学院法学研究科卒(修士<ビジネスロー>)

 

(職歴)

  大学卒業後、医療法人グループの総務に就職し、健康診断事務、介護老人保健施設の開設準備、介護老人保健施設の総務及び介護保険請求事務に従事する(5年6ヶ月)。この間に働きながら、社労士の勉強をし、資格を取得しました。

 

 資格を活かすために、医療法人を退職後、人材派遣会社の旧インテリジェンスの子会社で人事業務を経験しました(1年)。社員50名程度の小さな会社であったため、何でも一人で対応しなければならず、短い期間でしたが、人事業務全般について貴重な経験ができました。

 

 より社労士としての専門性を高めるため、退職後、町田市の社労士法人ジャパン・パーソネル・サポート(5年3ヶ月)、社労士法人SCS社労士事務センター市ヶ谷オフィス勤務(1年)を経て、i6コンサルティング社労士法人にマネージャーとして勤務(8年9ヶ月)しました。i6では、誰もが知っているような有名企業とお付き合いさせていただき、その大半が外資系企業で、従業員数1000名以上の大規模の事業所も担当しておりました。

 そして、2018年5月、個人事務所を開業致しました。

 

(社労士としての経歴)

●行政協力

・臨時労働保険指導員(2005年、2006年)

・算定相談コーナー相談員(2005年)

・未適用事業所巡回指導員(2005年、2006年)

・ねんきん相談コーナー臨時相談員(2007年)

 

●経験業種

ホテル、医療、福祉(介護、保育)、情報処理、理美容、製造、小売、医療機器、不動産、建設、派遣、請負業等。

 

●得意分野

就業規則の作成、変更(多数)、労務相談

 

  

(資格)

特定社会保険労務士(登録番号 第13010036号)

行政書士(1996年大学4年時に合格)

1種衛生管理者(2001年)

DCプランナー2級(登録番号200203-02-01204

銀行業務検定年金アドバイザー2級(2002年)

宅地建物取引主任者(2001年合格)


このボタンをクリックする

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓