就業規則作成・変更 労務相談は、当事務所にお任せください。法学修士であり、実務経験豊富な社労士が親切・丁寧にサポートいたします。

貴社は、以下のようなことでお困りではありませんか?

雇用調整助成金

 申請書の記載方法や添付書類がよくわからない。3月~4月にハローワークに相談に行ったが、申請要件を満たしていないと言われてあきらめていた。

5月に申請要件が大幅に簡素化され、20名以下の企業については、申請様式もかなり簡単になりました。書類が複雑であったり、申請要件を満たせずにあきらめていた方は、今一度、現在の申請要件を見直してみてください。

 当事務所でも、書類の記載方法や申請方法等についてのご相談には対応致します。

 

労働保険年度更新、算定基礎届

 年次業務の時期が来ました。労働保険料申告書の記入の仕方がよくわからない、一時帰休をしたので、算定基礎届の記入どうしたらよいのだろうと悩んでいらっしゃいましたら、当事務所で代行できますので、お気軽にご相談ください。

 

同一労働同一賃金

 どう対応すればよいのだろう?

⇒大企業では、2020年4月より、中小企業では、2021年4月より施行されます。

同一企業内において、正社員と非正規雇用労働者との間で、基本給や賞与などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

うちは、中小企業だからまだ先の話と思っていませんか?時間がある今から少しずつ準備をすることが重要です。

何をどう対応すればよいのかをポイントを絞ってご説明いたします。

 

労働基準監督署や年金事務所の調査が入る(入った)、

      どのように対応(報告)すればよいのだろう?

⇒調査の通知が突然届き何か違反でもあったのではないかと不安を感じていませんか?調査には、いくつか種類がございます。また、調査にはチェックポイントがございます。チェックポイントを事前に知ることにより、余計な不安を抱えることなく、周到な準備が可能となります。また、是正勧告や指導票対応につきましても貴社に最適な改善報告のサポートさせていただきます。

 

 

パワハラ、セクハラが社内で起きてしまった。

  会社としてどのように対応すればよいのだろう?

⇒パワハラ、セクハラなどのハラスメントは、職場環境を悪化させ、被害者はもちろんのこと、同じ職場で働く他の従業員の働く意欲を減少させるため、労働生産性の減少や離職率の増加につながり、経営悪化につながります。ハラスメントの対応は、予防が最も重要で、もし起きてしまった場合は、迅速な初期対応が重要となります。これを誤ると後々大きな問題となり、会社の使用者責任を追及され多額の損害賠償請求をされる場合がございます。

当事務所では、就業規則の整備や管理職、一般職向けの研修等のハラスメントのない快適な職場環境を目指すご提案などを通じ、従業員の定着率向上による労務コスト削減のお手伝いをさせていただきます。

 

・うつ病で休職者が出た

 どのように対応すればよいのだろう?

⇒以前は、休職者の多くは、事故によるケガ、脳や心臓疾患等の体の病気によるものが大半でした。しかし、現在では心の病気であるメンタル不調による休職者が大半をしめています。メンタル不調は、過重労働やハラスメントが原因の場合も多く、対応を誤ると症状を悪化させたり、会社側の責任を追及される場合もあり、慎重な対応が必要となります。

当事務所ではこうしたリスクをできる限り少なくする対応方法をご提案させていただきます。

 

就業規則を作成、見直しをしたい。

     自社で作成してきちんとしたものができるかなあ?

従業員が10名未満だから、就業規則は必要ないと考えていらっしゃいませんか?就業規則がない状況で、従業員から急に育児休業や介護休業を請求された場合、どのように対応されますか?社内でセクハラやパワハラが起きた場合どのように対応されますか?

 業務多忙の中、上記のような事案にどのように対応したらよいのかわからず、とりあえずWEBで検索され、その場しのぎの場当たり的な対応をされていませんか?

 WEBに掲載されている情報は全てが正しい情報とは限りません。対応を誤ると法違反となり、最悪のケースでは会社に多額の損害賠償請求をされる場合があります。また、場当たり的な対応で毎回違った対応をしていると従業員に不満を与えてしまいます。こうしたリスクを少しでも減らすために、就業規則を定めておこくことは、会社にとって大きなメリットとなります。

 当事務所に一任することにより、貴社に最適のオーダーメイドの就業規則が作成可能となり、労務リスクが減少するだけでなく、従業員の方が安心して働ける職場となり、その結果、定着率がよくなり採用コストの減少にもつながります。

 

社労士を変えたい

 今、頼んでいる先生の事務所は、昔は丁寧に対応してくれたけど、今は、規模が大きくなってしまって、先生に相談したくても中々時間をとってもらえないし、担当者は、何度も変わって、うちの会社のことを理解した上でのアドバイスがもらえない。もっと自分の話を親身になって聴いてくれるところに変えたいと思っていらっしゃる事業主の方も多いのではないでしょうか?

 当事務所の代表が1社、1社、親切、丁寧に対応させていただきます。その際、役所へ問合せればわかるような杓子定規な回答ではなく、貴社の状況を踏まえ、今までの経験で蓄積された他社事例などを考慮して、現実的なアドバイスを行っていきます。

 

ご相談は、当事務所まで今すぐ(初回ご相談は、無料です。)

ZOOMによるオンラインでのご相談も可能です。

下のボタンをクリックの上、ご相談内容を入力し送信してください。

2日以内にメールにて回答させていただきます。

下のボタンをクリックする

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

新型コロナウイルスに関する情報(労務、助成金等)

厚生労働省は、新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)を公表しております。

随時更新されておりますので、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

 

 

〇小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金について

<助成金HP>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

<支援金HP>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

 

 

雇用調整調整助成金について

・特例措置の詳細や、手続きの詳しいご案内

(ガイドブック、支給申請マニュアル、FAQなど)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

・様式ダウンロード(新型コロナウイルス感染対策特例措置用)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html

 

 新型コロンウイルス感染症対応休業支援金・給付金

令和2年7月7日 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金のページがオープンしました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

 

主に以下2つの条件に当てはまる方に、休業前賃金の8割(日額上限11,000 円)が、休業実績に応じて支給されます。

① 令和2年4月1日から9月30日までの間に、事業主の指示により休業した 中小事業主の労働者

② その休業に対する賃金(休業手当)を受けることができない方

 

 

新型コロナウイルス感染症に係る時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)の特例について

テレワークコース

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

 

職場意識改善コース

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html

 

※雇用調整助成金についての申請代行は、申請について、社労士も連帯債務を負うこととなるため原則として、顧問先のお客様以外は対応しておりません。

 

書類の記載方法、申請方法等のご相談については、どなたでも対応致します

 

3分でできる就業規則簡易診断シート(無料)

たった3分で貴社の就業規則に問題がないかどうかの簡易診断ができます。ぜひお試しください。

無料診断シートをご希望の方は、以下のお問合せより、ご連絡をお願い致します。

追って、無料で診断シートをメールまたはFAXで送付させていただきます。

(自己診断していただいた結果、ご不明点がございましたら、初回のみ無料でご相談可能です。)

※診断をお申込みになられても、強引な売り込みは一切しないことをお約束致します。

 

診断シートのご請求はこのボタンをクリックしてください。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

メルマガ会員募集中

メールマガジンの配信を行っております。人事、労務関係の話題を提供しております。購読を希望される方は、下の登録フォームよりお申込みください。メルマガは、月2回程度の配信を予定しております。

 

このボタンをクリックする

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

ブログを毎日更新しています。

人事や労務に関する最新情報などをご紹介しております。

https://ameblo.jp/ohsawa4797

 

事務所概要

事務所名:大澤明彦社会保険労務士事務所

 

 所在地:194-0032

    東京都町田市本町田68-ロ-342

 

代表:大澤明彦

(全国社会保険労務士会登録番号 

 第13010036号)

 

TEL/FAX:042-726-5328

ブログ:https://ameblo.jp/ohsawa4797

 

営業時間:9:00~17:00

営業日:月~金(土日祝は応相談)

開業日:201851                  

 

主な対応エリア

町田市、相模原市、横浜市、川崎市、厚木市、海老名市、座間市、大和市、藤沢市、世田谷区、渋谷区、新宿区、八王子市、多摩市

 

ZOOM等のオンライン対応であれば、全国どこでも対応致しますので、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 弊社へのお問合せは、お問合わせフォームまたはお電話にて承ります。お気軽にお問合せください。

 

 

お知らせ