1人平均賃金を引き上げた・引き上げる企業は90.2%で前年を 0.5 ポイント上回る(11/27更新)

厚生労働省は、令和元年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を公表しております。

 

【調査結果のポイント】 

1 賃金の改定状況 

(1)賃金の改定の実施状況別企業割合

令和元年中に「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」企業  90.2%(前年 89.7%)

 

(2)令和元年の1人平均賃金の改定額(予定を含む。 ) 5,592円(前年5,675円) 

               改定率(予定を含む。 )  2.0%(同    2.0%)

 

1人平均賃金とは、所定内賃金(諸手当等を含むが、時間外・休日手当や深夜手当等の割増手当、慶弔手当等の特別手当を含まない)の1人当たりの平均額をいう。

 

2 定期昇給等の実施状況 

(1)令和元年中に賃金の改定を実施し又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業における定期昇給の状況 

 

定期昇給を「行った・行う」企業割合

管理職     71.2%(前年 69.7%) 一般職     80.4%(同   80.1%)

 

(2)定期昇給制度がある企業における令和元年中のベースアップの状況

 

ベースアップを「行った・行う」企業割合

管理職   24.8%(前年 24.2%) 一般職     31.7%(同   29.8%) 

  

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/jittai/19/index.html   

 

毎月勤労統計調査 令和元年9月分結果確報を公表(11/24更新)

厚生労働省は、毎月勤労統計調査 令和元年9月分結果確報を公表しております。

 

(前年同月と比較して)   

〇現金給与総額は271,945円(0.5%増)となった。

 うち一般労働者が351,658円(0.9%増)、パートタイム労働者が98,254円(1.0%増)となり、パートタイム労働者比率が31.50%(0.53ポイント上昇)となった。      

 なお、一般労働者の所定内給与は314,560円(0.8%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は1,170円(2.4%増)となった。  

 

〇共通事業所による現金給与総額は0.5%増となった。    

 うち一般労働者が0.3%増、パートタイム労働者が1.2%増となった。 

 

〇就業形態計の所定外労働時間は10.5時間(前年同月と同水準)となった。   

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0109r/0109r.html

 

令和元年「高年齢者の雇用状況」集計結果を公表(11/23更新)

厚生労働省は、令和元年「高年齢者の雇用状況」集計結果(6月1日現在)を公表しております。

この集計では、従業員31人~300人規模を「中小企業」、301人以上規模を「大企業」としています。

 

【集計結果の主なポイント】 

Ⅰ 65歳までの高年齢者雇用確保措置のある企業の状況 

① 65歳までの雇用確保措置のある企業は99.8% 

② 65歳定年企業は17.2%(対前年1.1ポイント増) 

 ・中小企業では25,938社[2,253社増加]、17.9%[1.1ポイント増加]

 ・大企業では1775社[243社増加]、10.6%[1.2ポイント増加]

 

Ⅱ 66歳以上働ける企業の状況 

① 66歳以上働ける制度のある企業は30.8%(対前年3.2ポイント増)

  ・中小企業では45,392社[5,693社増加]、31.4%[3.2ポイント増加]
  ・大企業では4,246社[686社増加]、25.3%[3.5ポイント増加]

 

② 70歳以上働ける制度のある企業は28.9%(対前年3.1ポイント増)  

  ・中小企業では42,745社[5,513社増加]、29.6%[3.1ポイント増加]
  ・大企業では3,913社[630社増加]、23.3%[3.2ポイント増加]

 

③ 定年制廃止企業は2.7%(対前年0.1ポイント増) 

  ・中小企業では4,209社[177社増加]、2.9%[変動なし]
 ・大企業では88社[7社増加]、0.5%[変動なし]

 

66歳以上働ける企業の割合が3割を超えました。

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000182200_00003.html

 

2018年度福利厚生費調査結果の概要を公表(11/20更新)

経団連は、2018年度福利厚生費調査結果を公表しております。

 

福利厚生費の実態を把握し、今後の福利厚生を含む人事・労務管理の運営に資することを目的に、1955年度から毎年実施されているものです。 

 

調査結果の概要 

1.2018 年度に企業が負担した法定福利費は、現金給与総額の伸びなどにより、 前年度比 3.9%増の1人1ヵ月当たり 88,188 円(過去最高額)。 

 

2.法定外福利費は、2万5千円台を回復。運動会などの社内レク活動の高まりの影響を受け、文化・体育・レクリエーションの「活動への補助」が大幅な伸びを示す。

  

※法定福利費:社会保険料等のうちの企業負担分。従業員負担分は含まない 

  法定外福利費 :企業が任意に行う従業員等向けの福祉施策の費用  

 

詳細は、以下をご確認ください。 

https://www.keidanren.or.jp/policy/2019/102.pdf

 

大学生の就職内定率は76.8%、引き続き高水準を維持(11/16更新)

厚生労働省は、令和元年度大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)を公表しております。

 

-就職内定率の概要-

● 大学(学部)は76.8%(前年同期比0.2ポイント低下)

 うち国公立大学の就職内定率は、79.4%(同4.4ポイント上昇)、私立大学は、75.9%(同1.7ポイント低下)。

・男女別では、男子大学生の就職内定率は76.1%(前年同期比0.9ポイント低下)、女子は77.6%(同0.6ポイント上昇)。
また、国公立大学では、男子:78.2%、女子:80.8%、私立大学では、男子:75.5%、女子:76.5%となっている。
文系・理系別では、文系の就職内定率は76.2%(前年同期比0.3ポイント低下)、理系の就職内定率は79.3%(同0.1ポイント上昇)となっている。

 

● 短期大学は40.6%(同2.2ポイント低下)

 

● 高等専門学校及び専修学校(専門課程)の就職内定率は、それぞれ96.2%(前年同期比2.5ポイント上昇)、60.4%(同0.9ポイント低下)。

 

● 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では74.2%(同0.3ポイント低下)

 

● 大学等に専修学校(専門課程)を含めると72.7%(同0.5ポイント低下)

 

大学生の就職内定率は、平成9年3月卒の調査開始以降、2番目に高い数値となり、引き続き高水準となりました。

  

好景気により学生優位の売り手市場が続いており、特に理系人材のニーズが高くなっております。

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00006.html

 

一般職業紹介状況(令和元年9月分)を公表(11/2更新)

厚生労働省は、一般職業紹介状況(令和元年9月分)を公表しております。

 

○令和元年9月の有効求人倍率は1.57倍で、前月に比べて0.02ポイント低下。     

○令和元年9月の新規求人倍率は2.28倍で、前月に比べて0.17ポイント低下。
 

・9月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.8%減となり、有効求職者(同)は0.1%増。  

・9月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると1.5%減。

 

 これを産業別にみると、 

医療,福祉(4.5%増)、教育,学習支援業(3.1%増)、学術研究,専門・技術サービス業(2.0%増)、情報通信業(1.6%増)、建設業(0.4%増)で増加となり、

製造業(11.0%減)、サービス業(他に分類さ れないもの)(6.0%減)、卸売業,小売業(3.2%減)、宿泊業,飲食サービス業(2.8%減)、生活関連 サービス業,娯楽業(1.0%減)などで減少となりました。

  

有効求人倍率は、微減となりましたが、高い数字を維持しております。 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00024.html

 

平成 30 年の年次有給休暇の取得率は52.4%で、前年に比べて1.3ポイント上昇 (10/30更新)

厚生労働省は、平成 31年「就労条件総合調査」の結果を公表しております。

 

「就労条件総合調査」は、常用労働者30 人以上の民営企業(医療法人、社会福祉法人、各種協同組合等の会社組織以外の法人を含む。 )を対象とし、このうち6,405 社を抽出して平成 31年1月1日現在の状況等について1月に調査を行い、4,127社から有効回答を得たものです。 

 

【調査結果のポイント】

1 年次有給休暇の取得状況(平成30 年(又は平成29会計年度)) 

 年間の年次有給休暇の労働者1人平均付与日数 18.0日(前年調査18.2日) 

   うち、平均取得日数9.4日(同 9.3日) 

   平均取得率 52.4%(同 51.1%) 

 

2 勤務間インターバル制度の導入状況(平成31 年1月1日現在) 

 勤務間インターバル制度の導入状況別企業割合

  「導入している」企業      3.7%(前年調査1.8%)  

  「導入を予定又は検討している」企業  15.3%(同9.1%)

 

詳細は以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/19/index.html

 

1月1日時点の調査結果であるため、数値は前年と比較してあまり変動はありませんが、4月1日の法改正の影響が来年の調査結果にどのような結果で現れるか注目していきたいと思います。

 

毎月勤労統計調査令和元年8月分結果確報を公開(10/24更新)

既に、報道されておりますが、毎月勤労統計調査では、大阪府において判明した統計調査員による不適切な事務処理を行っていた事案を踏まえて、全国点検を行ったところ、奈良県において一部の統計調査員が不適切な事務処理を行っていた事案があったため、当該事案に該当する調査票を除外して再度集計を行ったとのことです。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/maikin-teisei-20191021.pdf

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07412.html

 

大阪府の統計不正による影響は、雇用保険、船員保険についてはないようですが、労災保険については、一部影響が出るようです。

 

あれだけ、世間を騒がせたにも関わらず、まだ是正されていないのに呆れるばかりです。

さて、厚生労働省は、毎月勤労統計調査令和元年8月分結果確報を公表しております。

  

(前年同月と比較して)    

○現金給与総額は276,699円(0.1%減)となった。

 うち一般労働者が358,034円(0.5%増)、パートタイム労働者が99,315円(0.1%増)となり、パートタイム労働者比率が31.47%(0.57ポイント上昇)となった。

 なお、一般労働者の所定内給与は313,513円(0.7%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は1,176円(3.3%増)となった。  

 

○共通事業所による現金給与総額は前年同月と同水準となった。    

 うち一般労働者が0.1%増、パートタイム労働者が0.7%減となった。

 

○就業形態計の所定外労働時間は9.9時間(2.0%減)となった。

 

詳細は、以下をご確認ください。 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0108r/0108r.html

 

下請等中小企業における取引条件の改善状況結果を公表(10/8更新)

中小企業庁は、下請等中小企業の取引条件の改善に向けた取組の浸透状況や事業者間の取引状況を把握するための調査を行い、その結果をとりまとめ公表しております。

 

(主な調査結果)※一部抜粋 

2.その他中小企業が直面している課題

(1)人手不足

受発注事業者全体で、半数以上の事業者(54.1%)が「人手不足」と回答。人手不足の影響については、5割超が「売上機会の逸失」(56.2%)、「残業時間の増大」(52.1%)と回答。

 

(2)時間外労働の上限規制 

受発注事業者の約1割(9.2%)が「対応は困難」と回答。対応が困難な理由については、半数以上が「人手不足である上に採用も困難」(77.7%)と回答。

  

(3)働き方改革 

発注側事業者の長時間労働是正などによる受注側事業者への影響の懸念について、「特に影響はない」が全体の53.9%を占めているものの、「急な対応の依頼が増加」(15.8%)、「短納期発注の増加」(13.1%)との回答も多い。

 

人手不足や採用が困難なことから、時間外労働が増加し、上限規制にも影響を及ぼしているようです。 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2019/191007Shitaukechousa.htm

 

平成30年度 監督指導結果を公表 約70%で労働基準関係法令違反(9/25更新)

厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場に対する平成30年度の監督指導結果を公表しております。

 

この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としたものです。

 

【平成30年4月から平成31年3月までの監督指導結果のポイント】

(1)監督指導の実施事業場:29,097事業場 

このうち、20,244事業場(全体の69.6%)で労働基準関係法令違反あり。

 

(2)主な違反内容[(1)のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]

 ① 違法な時間外労働があったもの:11,766事業場(40.4%)

 うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が

 月80時間を超えるもの:            7,857事業場(66.8%)

 うち、月100時間を超えるもの:        5,210事業場(44.3%)

 うち、月150時間を超えるもの:        1,158事業場( 9.8%)

 うち、月200時間を超えるもの:         219事業場( 1.9%)

  

② 賃金不払残業があったもの:1,874事業場(6.4%)

  

 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:3,510事業場(12.1%)

 

詳細は、以下をご確認ください。 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06801.html

 

労働経済動向調査(2019年8月)の結果を公表(9/20更新)

厚生労働省は、労働経済動向調査(2019年8月)の結果を公表しております。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/1908/

 

「労働経済動向調査」は、景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や今後の見通しについて調査し、労働経済の変化や問題点を把握することを目的に実施されております。

 

(調査結果のポイント)(一部抜粋)

1  正社員等は「増加見込」とする事業所割合が引き続き多い(2019年7~9月期実績見込) 

 

2  正社員等、パートタイム労働者ともに、「不足」とする事業所割合が引き続き多い(2019年8月1日現在)

労働者過不足判断D.I. (プラスであれば、人手不足と感じている事業所が多いことを示す。)

・正社員等労働者(調査産業計)の過不足     プラス40ポイント(33期連続で不足超過) 

・パートタイム労働者(調査産業計)の過不足   プラス29ポイント(40期連続で不足超過)

※正社員等労働者、パートタイム労働者ともに全ての産業で不足超過 

 

3  労働者不足の対処方法

〇現在、労働者が不足していて、かつ、過去1年間に何らかの「対処をした」事情所の割合は70%、今後1年間に「対処をする予定」の事業所の割合は66%で、その対処方法(複数回答)は過去1年間、今後1年間とも「正社員等 採用・正社員以外から正社員への登用の増加」の割合が最も多い(過去1年間:63%、今後1年間:61%)。 

 

〇今後1年間の対処方法を昨年同期(2018年8月)の調査と比べると、「在職者の労働条件の改善(賃金以外)」で上昇幅が最も大きい(昨年同期:24%、今期:34%)。

 

「令和元年 民間主要企業夏季一時金妥結状況」を公表(9/17更新)

厚生労働省は、「令和元年 民間主要企業夏季一時金妥結状況」を公表しております。

 

【集計対象】
妥結額などを把握できた、資本金10億円以上かつ従業員1,000人以上の労働組合のある企業400社。

【集計結果のポイント】
○ 平均妥結額は845,453円で、過去最高の額であった昨年に次ぐ高い水準。
 前年に比べ25,278円(2.90%)の減額。
 
○ 平均要求額は892,003円で、前年に比べ6,571円の増。 
 

 詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06652.html

 

令和元年における労働災害発生状況について(9月速報値)(9/13更新)

 厚生労働省は、令和元年における労働災害発生状況について(9月速報値)公表しております。(※ 平成 31 年1月1日から令和元年8月 31 日までに発生した労働災害について、令和元年9

月9日までに報告があったものを集計したもの) 

 

1 概況    

死亡者数 486 人 (前年同期比   ▲19 人、3.8%減少)    

休業4日以上の死傷者数 69,029 人 (  同    ▲2,224 人、3.1%減少)
 
2 死亡災害の発生状況  

(1)業種別発生状況    

製造業 79 人 (前年同期比  ▲23 人、22.5%減少)     建設業 155 人 (  同    ▲18 人、10.4%減少)  林業 25 人 (  同    +6人、31.6%増加)     陸上貨物運送事業 52 人 (  同     ▲1人、1.9%減少)  第三次産業 144 人 (  同    +6人、4.3%増加)
 
 (2)事故の型別発生状況    

墜落・転落 124 人 (前年同期比  ▲22 人、15.1%減少)     交通事故(道路) 86 人 (  同    ▲1人、1.1%減少)     はさまれ・巻き込まれ 67 人 (  同    +1人、1.5%増加)     ※以下、「激突され」、「火災」、「崩壊・倒壊」の順
 
3 休業4日以上の死傷災害の発生状況

  (1)業種別発生状況    

製造業 15,184 人 (前年同期比  ▲760 人、4.8%減少)     建設業 8,464 人 (  同    ▲205 人、2.4%減少)     陸上貨物運送事業 8,801 人 (  同     ▲222 人、2.5%減少)  第三次産業 32,141 人 (  同     ▲809 人、2.5%減少)
 
 (2)事故の型別発生状況    

転倒 16,524 人 (前年同期比  ▲2,083 人、11.2%減少)     墜落・転落 11,797 人 (  同    ▲25 人、0.2%減少)     動作の反動・無理な動作 9,133 人 (  同    +436 人、5.0%増加)     ※以下、「はさまれ・巻き込まれ」、「切れ・こすれ」、「交通事故(道路)」の順

 

「毎月勤労統計調査 令和元年7月分結果速報」を公開(9/9更新)

厚生労働省は、「毎月勤労統計調査 令和元年7月分結果速報」を公表しております。

 

【調査結果のポイント】〔()内は、前年同月比または前年同月差を示す。〕・・・一部抜粋

1 賃金(一人平均)

(1)現金給与総額(就業形態計)  377,334 円(0.3%減)     

   ・きまって支給する給与   266,838 円(0.6%増) 

   (うち、所定内給与 247,179 円(0.6%増)、所定外給与 19,659 円(0.6%増))

   ・特別に支払われた給与   110,496 円(2.2%減)

 

(2)一般労働者の現金給与総額   498,895 円(0.3%減)     

   ・きまって支給する給与   341,719 円(0.6%増) 

   (うち、所定内給与 314,640 円(0.6%増)、所定外給与 27,079 円(1.0%増))

   ・特別に支払われた給与   157,176 円(2.4%減)

 

(3)パートタイム労働者の現金給与総額  103,453 円(0.1%減)  

    ・きまって支給する給与      98,128 円(0.1%減) 

   (うち、所定内給与 95,188 円(0.2%増)、所定外給与 2,940 円(8.8%減)) 

   ※ 時間当たり給与    1,162 円(2.4%増)  

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0107p/0107p.html

  

平成30年度新卒者内定取消し状況を公表(9/7更新)

厚生労働省は、今年3月に大学や高校などを卒業して4月に就職予定であった人のうち、内定を取り消されたり、入職(入社)時期が延期となったりした人の状況をとりまとめ公表しております。(令和元年8月末現在)

 

【採用内定取消状況】

平成30年度に内定取消しとなった学生・生徒数 35人(23事業所)

(平成29年度73人(22事業所))

 

【入社時期繰下げ状況】

該当なし

 

昨年度と比べ、半分以下に減少しております。

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06287.html

 

一般職業紹介状況(令和元年7月分)について公表(9/2更新)

厚生労働省は、一般職業紹介状況(令和元年7月分)について公表しております。

 

・有効求人倍率は、1.59倍で、前月に比べ0.02ポイント低下

・新規求人倍率は、2.34倍で、前月に比べ0.02ポイント低下

 

新規求人を産業別にみると、医療福祉(8.1%増)、建設業(7.9%増)、宿泊業、飲食サービス業(7.0%増)、情報通信業(4.8%増)、教育、学習支援業(4.7%増)などで増加となり、製造業(5.9%減)、生活関連サービス業、娯楽業(2.8%減)、サービス業(他に分類されないもの)(2.1%減)、学習研究、専門・技術サービス業(0.3%減)などで減少となりました。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00021.html

 

「平成30年度介護人材に関するアンケート調査の結果について」公表(WAM)(8/30更新)

独立行政法人福祉医療機構は、「平成30年度介護人材に関するアンケート調査の結果について」公表しております。

 

〇レポートの概要

・72.9%の施設が「要員不足」と回答し、12.9%が利用者の受入れを制限している。特養本体施設において受入れを制限している施設では、平均利用率は82.2%、13.9床が空床だった。(平成31年3月1日現在)

 

・平成31年4月の新卒者採用状況について、53.2%の施設が「採用なし」と回答し、平均採用者数は、1.00人で(平成29年度は、1.22人)

3年連続で減少しており、新卒者の確保事情は年々厳しさを増している。

 

・職員募集にあたり利用している採用経路については、「ハローワーク」が最も多く、次点が「職員からの紹介」「法人ホームページ」であった。

 

・外国人材については、20.4%の施設が「雇用している」と回答し、また、今後の受入れについては44.0%が検討を行っていると回答。

 

 人手不足の中、取り入れている業務負荷軽減策として、介護ロボットの導入、介護記録の電子化、センサーマット、見守りシステムの導入、リネン交換や洗濯、清掃業務をシルバー人材センター等に委託、食事介助専門の職員の採用などがあげられています。

 

詳細は、以下をご確認ください。

 https://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/190821_No006_detail.pdf

 

「平成30年度使用者による障害者虐待の状況等の結果」を公表(8/29更新)

 厚生労働省は、「平成30年度使用者による障害者虐待の状況等の結果」を公表しております。

 

【ポイント】

 1.通報・届出のあった事業所数は前年度と比べ増加、通報・届出の対象となった障害者数は前年度と比べ減少。

 

2.虐待が認められた事業所数、虐待が認められた障害者数はいずれも前年度と比べ減少。

 

3.受けた虐待の種別では、経済的虐待が791人(83.0%)と最も多く、次いで心理的虐待が92人(9.7%)、身体的虐待が42人(4.4%)となっている。

 

※虐待の定義(障害者虐待防止法第2条第8項第1号から5号)

・心理的虐待:障害者に対する著しい暴言、著しく拒絶的な対応又は不当な差別的言動その他の障害者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

 

・経済的虐待:障害者の財産を不当に処分することその他障害者から不当に財産上の利益を得ること

(例:残業代未払い、最低賃金違反)

 

 

 虐待が認められた障害者の種別では、知的障害者が400人(47.4%)、精神障害者が244人(28.9%)と両方合わせると、76.3%と約8割をしめています。

 

 また、事業所数を規模別にみると、5~29人が285事業所(52.7%)、次いで、30~49人が89事業所(16.5%)、5人未満が85事業所(15.7%)と50人未満の事業所が全体の84.9%を占めています。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000345955.pdf

 

毎月勤労統計調査令和元年6月分結果確報(8/27更新)

厚生労働省は、毎月勤労統計調査令和元年6月分結果確報を公表しております。

 

(前年同月と比較して)   

・現金給与総額は451,681円(0.4%増)となった。うち一般労働者が609,486円(1.3%増)、パートタイム労働者が104,168円(0.7%減)となり、パートタイム労働者比率が31.32%(0.72ポイント上昇)となった。   

  なお、一般労働者の所定内給与は314,090円(0.7%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は1,165円(2.7%増)となった。  

 

・共通事業所による現金給与総額は1.2%増となった。  

  うち一般労働者が1.3%増、パートタイム労働者が0.1%増となった。 

 

・就業形態計の所定外労働時間は10.5時間(2.7%減)となった。 

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0106r/0106r.html

  

 

平成30年度キャリアコンサルタント登録制度の実施状況を公表(8/26 更新)

厚生労働省は、平成30年度キャリアコンサルタント登録制度の実施状況を公表しております。

 

キャリアコンサルタントは、労働者などの職の選択、職業生活設計、職業能力の開発・向上に関する相談に応じ、助言や指導を行う専門家で、平成28年4月から国家資格となりました。

 

【キャリアコンサルタント登録制度の実施状況(概要)】

(1)キャリアコンサルタント登録状況
  キャリアコンサルタント登録者数(平成31年3月末時点、累計数) 41,842人
                                (前年度比8,025人増)

(2)キャリアコンサルタント試験実施状況(平成30年度に実施した第8回~第11回の合計)
  学科試験合格者 7,667人(前年度比2,352人増)、実技試験合格者 7,945人(前年度比1,432人増)

(3)厚生労働大臣が認定する講習(養成講習)実施状況
  開催回数 740回(前年度比218回増)、修了者数 8,101人(前年度比1,432人増)

(4)厚生労働大臣が指定する講習(更新講習)実施状況
  ・知識講習 開催回数 81回(前年度比51回増)、修了者数 3,519人(前年度比1,357人増)
  ・技能講習 開催回数 1,112回(前年度比553回増)、修了者数 15,636人(前年度比7,653人増) 

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06295.html

 

平成30年「雇用動向調査」の結果を公表(8/23更新)

厚生労働省は、平成30年「雇用動向調査」の結果を公表しております。

 

「雇用動向調査」は、全国の主要産業の事業所における入職者数・離職者数、入職者・離職者の性・年齢階級、離職理由等の状況を明らかにすることを目的として取りまとめられたものです。

 

【調査結果のポイント】

1. 入職率及び離職率

入職者数:7,667.2千人

離職者数:7,242.8千人

入職率15.4%、離職率14.6%で、6年連続の入職超過となった。

 

2 就業形態、雇用形態別入職者数

一般労働者:4,245.2千人(前年比-361.7千人)

パートタイム労働者:3,422.0千人(前年比+133.3千人)

 

3 職歴別入職者数及び入職率

転職入職者数:4,955.0千人

未就業入職者数:2,712.3千人

転職入職率:10.0%(前年比-0.2ポイント)

未就業入職率:5.5%(前年比-0.3ポイント)

 

4 転職入職者の賃金変動状況

転職後の賃金が増加した割合は、37.0%、減少した割合は、34.2%で前年に引き続き、増加が減少を2.8ポイント上回った。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/index.html

 

平成30年度「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を公表(8/22更新)

厚生労働省は、平成30年度「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を公表しております。

 

【調査結果のポイント】 

〔事業所調査〕

1 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は 59.2%(平成 29 年調査 58.4%)

 

2 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は 88.5%(同 85.4%) 受動喫煙防止対策の取組を進めるにあたり、問題があるとする事業所の割合は 37.4% (同 42.6%)

 

3 傷病(がん、糖尿病等の私傷病)を抱えた労働者に対して、治療と仕事を両立できるよ うな取組を行っている事業所の割合は 55.8%(同 46.7%) そのうち、取組に関し困難なことや課題と感じていることがある事業所の割合は 76.1% (同 76.2%)     

 

〔労働者調査〕 

1 現在の自分の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると 感じる事柄がある労働者の割合は 58.0%(平成 29 年調査 58.3%)  そのうち、ストレスとなっていると感じている事柄(主なもの3つ以内)は「仕事の質・ 量」が 59.4%(同 62.6%)と最も多い 

 

2 職場で受動喫煙がある労働者の割合は 28.9% 

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h30-46-50.html

 

「平成30年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を公表(8/15更新)

厚生労働省は、「平成30年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を取りまとめ公表しております。

 

〔申出等の件数の推移〕

  30年度 29年度 28年度 27年度 26年度
申出等の件数 6,811件 8,507件 9,299件 10,937件 12,252件
参考:
新規求人件数
 
6,600,951件
 
6,468,438件
 
6,161,398件
 
5,835,295件
 
5,553,055件

 

  平成30年度の申出等の件数は、6,811件で、対前年度比20.0%減となり、平成27年度から4年連続で減少した。

 

(主な申出内容)

・賃金に関すること・・・30%

・就業時間に関すること・・・23%

・職種・仕事の内容に関すること・・・17%

 

平成30年度の求人票の記載内容と実際の労働条件が異なっていたのは、2,967件であった

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06139.html

 

自動者運転者を使用する事業場に対する監督指導、送検等の状況を公表(平成30年)(8/13更新)

厚生労働省は、全国の労働局や労働基準監督署が、平成30年にトラック、バス、タクシーなどの自動車運転者を使用する事業場に対して行った監督指導や送検等の状況について取りまとめ公表しております。

 

平成30年の監督指導・送検の概要

 

■  監督指導を実施した事業場は6,531事業場。このうち、労働基準関係法令違反が認められたのは、5,424事業場(83.1%)。また、改善基準告示違反が認められたのは、4,006事業場(61.3%)。
※「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(平成元年労働省告示第7号)(別紙2参照)

■  主な労働基準関係法令違反事項は、(1)労働時間(55.5%)、(2)割増賃金の支払(21.1%)、(3)休日(4.4%)。

■  主な改善基準告示違反事項は、(1)最大拘束時間(46.4%)、(2)総拘束時間(38.8%)、(3)休息期間(32.4%)。

■  重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは59件。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06105.html

 

外国人技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況を公表(平成30年)(8/12更新)

厚生労働省は、全国の労働局や労働基準監督署が、平成30年に外国人技能実習生の実習実施者に対して行った監督指導や送検等の状況について取りまとめ公表しております。

 

平成30年の監督指導・送検の概要 

■ 労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した7,334事業場(実習実施者)のうち5,160事業場(70.4%)。

■ 主な違反事項は、(1)労働時間(23.3%)、(2)使用する機械に対して講ずべき措置などの安全基準(22.8%)、(3)割増賃金の支払(14.8%)の順に多かった。

■ 重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは19件。

  

詳細は、以下をご確認ください。 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06106.html

 

 

平成30年度 監督指導による賃金不払残業の是正結果(8/10更新)

厚生労働省は、8/8に、平成30年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果を公表しております。

 

全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、平成30年4月から平成31年3月までの期間に不払だった割増賃金が各労働者に支払われたもののうち、その支払額が1企業で合計100万円以上となった事案をとりまとめたものです。

 

【平成30年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果のポイント(詳細別紙1、2)】  

(1) 是正企業数                      1,768企業(前年度比 102企業の減)
  うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、228企業(前年度比 34企業の減)
(2) 対象労働者数                    11万8,837人(同 89,398人の減)
(3) 支払われた割増賃金合計額        125億6,381万円(同 320億7,814万円の減)
(4) 支払われた割増賃金の平均額は、1企業当たり711万円、労働者1人当たり11万円

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06128.html

 

毎月勤労統計調査 令和元年5月分結果確報(7/23更新)

厚生労働省は、毎月勤労統計調査 令和元年5月分結果確報を公表致しました。

 

(前年同月と比較して)   

・現金給与総額は275,193円(0.5%減)となった。うち一般労働者が355,502円(0.3%増)、パートタイム労働者が96,980円(1.5%減)となり、パートタイム労働者比率が31.14%(0.71ポイント上昇)となった。      

  なお、一般労働者の所定内給与は310,796円(0.2%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は  1,162円(2.4%増)となった。  

 

・共通事業所による現金給与総額は0.9%増となった。  

 うち一般労働者が1.0%増、パートタイム労働者が0.9%減となった。 

 

・就業形態計の所定外労働時間は10.4時間(2.9%減)となった。

 

 詳細は、以下ご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0105r/0105r.html

 

令和元年における労働災害発生状況について(7月速報値)(7/17更新)

厚生労働省は、「令和元年における労働災害発生状況について(7月速報値) 」を7月16日に公表しております。

 ※ 平成 31 年1月1日から令和元年6月 30 日までに発生した労働災害について、令和元年7月8日までに報告があったものを集計したもの

 

1 概況     

死亡者数 306 人 (前年同期比  ▲15 人、4.7%減少)     

休業4日以上の死傷者数 47,254 人 (  同   ▲2,487 人、5.0%減少) 

 

2 死亡災害の発生状況 (一部抜粋)

 (1)業種別発生状況     

製造業 55 人 (前年同期比  ▲3人、5.2%減少)     

建設業 103 人 (  同    ▲12 人、10.4%減少)  

林業 16 人 (  同    +2人、14.3%増加)     

陸上貨物運送事業 37 人 (  同     ▲3人、7.5%減少)  

第三次産業 72 人 (  同    ▲11 人、13.3%減少)

 

3 休業4日以上の死傷災害の発生状況(一部抜粋)

 (1)業種別発生状況     

製造業 10,547 人 (前年同期比  ▲613 人、5.5%減少)     

建設業 5,875 人 (  同    ▲67 人、1.1%減少)     

陸上貨物運送事業 6,054 人 (  同     ▲314 人、4.9%減少)  

第三次産業 21,618 人 (  同     ▲1,286 人、5.6%減少)

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

 

毎月勤労統計調査 令和元年5月分結果速報(7/16更新)

厚生労働省は、「毎月勤労統計調査 令和元年5月分結果速報」を7月9日に公表しております。

 

〇調査結果のポイント(一部抜粋)

1 賃金(一人平均) 

 (1) 現金給与総額は、275,597 円(0.2%減)となった。     

  うち所定内給与は 243,208 円(0.6%減)、所定外給与は 19,653 円(0.8%増)、所定内給与と所定外給与を合わせたきまって支給する給与は 262,861 円(0.4%減)、特別に支払われた給与は 12,736 円(2.5%増)となった。 

 

(2) 一般労働者では、現金給与総額は、355,643 円(0.3%増)となった。     

  うち所定内給与は 310,561 円(0.2%増)、所定外給与は 27,022 円(1.7%増)、きまって支給する給与は 337,583 円(0.3%増)、特別に支払われた給与は 18,060 円(2.8%増)となった。 

 

(3) パートタイム労働者では、現金給与総額は、96,275 円(2.2%減)となった。     

  うち所定内給与は 92,321 円(2.2%減)、所定外給与は 3,145 円(5.1%減)、きまって 支給する給与は 95,466 円(2.3%減)、なお、時間当たり給与は 1,160 円(2.2%増)となった。 

 

(4) 実質賃金指数(現金給与総額)は、85.5(1.0%減)となった。 (消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の前年同月比は、0.9%上昇)  

 

(5) 共通事業所による現金給与総額は、1.2%増となった。   

  うち所定内給与は 0.6%増、きまって支給する給与は 0.6%増となった。     

  また、一般労働者、パートタイム労働者、各々の現金給与総額は、1.3%増、前年同月と同水準となった。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0105p/0105p.html

 

一般職業紹介状況(令和元年5月分)について公表(7/1更新)

厚生労働省は、一般職業紹介状況(令和元年5月分)について公表しております。

 

【ポイント】

  ○令和元年5月の有効求人倍率は1.62倍で、前月に比べて0.01ポイント低下。

  ○令和元年5月の新規求人倍率は2.43倍で、前月に比べて0.05ポイント低下。

 

正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.15倍となり、前月を0.01ポイント下回りました。

  5月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.7%増となり、有効求職者(同)は1.1%増となりました。

    5月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると2.5%減となりました。

 

これを産業別にみると、

 宿泊業,飲食サービス業(3.2%増)、医療,福祉(1.6%増)、教育,学習支援業(1.0%増)、運輸業,郵便業(0.5%増)、学術研究,専門・技術サービス業(0.1%増)などで増加となり、

  生活関連サービス業,娯楽業(10.3%減)、製造業(8.8%減)、サービス業(他に分類されないもの)(7.8%減)、情報通信業(3.3%減)、建設業(2.2%減)などで減少となりました。

 

詳細は、以下をご確認ください。

 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00019.html

 

平成30年「労働組合活動等に関する実態調査」の結果を公表(6/30更新)

厚生労働省は、平成 30 年「労働組合活動等に関する実態調査」の結果を取りまと め公表しております。

 

【調査結果のポイント】 

 1 労使関係についての認識(本部組合及び単位労働組合) 

  労使関係が「安定的」と認識している労働組合は 91.3%(前回89.1%) 

 

2 労働組合員数の変化に関する状況(単位労働組合) 

  3年前(平成 27年6月)と比べた組合員数の変化をみると、 「増加した」33.5%(前回(注 3)34.1%) 、「変わらない」24.1%(同 22.2%)、 「減少した」42.2%(同 41.7%)

 

3 労働組合の組織拡大に関する状況(単位労働組合) 

  組織拡大を重点課題として取り組んでいる労働組合は 29.8%(前回31.9%)、産業別にみると、 「医療,福祉」が最も高く 59.0%(同 70.0%) 取組対象として特に重視している労働者の種類についてみると、 「新卒・中途採用の正社員」 37.0%(同 47.1%) 、次いで「在籍する組合未加入の正社員」18.7%(同 13.7%)

 

4 正社員以外の労働者に関する状況(本部組合及び単位労働組合) 

 (1) 労働者の種類別に「組合加入資格がある」をみると、 「パートタイム労働者」35.6%(前回34.3%)、 「有期契約労働者」39.9%(同 36.5%) 、 「派遣労働者」5.2%(同7.2%)、 「嘱託労働者」35.6%(同38.0%) 

 

(2) 労働協約の規定の状況をみると、 「労働協約の規定がある」39.1%(前回27.2%)。 労働協約の規定がある事項をみると、 「正社員以外の労働者(派遣労働者を除く)の労働条件」 30.6%(同 20.4%) 、 「パートタイム労働者の雇入れに関する事項」27.0%(同 17.6%)、 「有 期契約労働者の雇入れに関する事項」25.2%(同 15.7%)

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/18-30gaiyou.html

 

平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表(6/29更新)

厚生労働省は、平成30年度の「過労死等の労災補償状況」を取りまとめ公表しております。

1 脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況(一部抜粋)

(1)請求件数は、877件で、前年比37件の増となった。

(2)支給決定件数は、238件で前年比15件減となり、うち死亡件数は前年度比10件減の82件であった。

(3)業種別では、請求件数は、「運輸業、郵便業」197件、「卸売業、小売業」111件、「製造業」105件の順で多く、支給決定件数は、「運輸業、郵便業」94件、「宿泊業、飲食サービス業」32件、「製造業」28件の順に多い。

(6)時間外労働時間別(1ヵ月または2~6か月における1か月平均)支給決定件数は、「評価期間1か月」では「100時間以上~120時間未満」41件が最も多い。また、「評価期間2~6か月における1か月平均」では「80時間以上~100時間未満」85件が最も多い。

 

2 精神障害に関する事案の労災補償状況(一部抜粋)

(1)請求件数は、1820件で前年比88件の増となり、うち未遂を含む自殺件数は、前年比21件減の200件であった。

(2)支給決定件数は、465件で前年比41件減となり、うち未遂を含む自殺の件数は、前年比22件減の76件であった。

(3)業種別では、請求件数は、「医療、福祉」320件、「製造業」302件、「卸売業、小売業」256件の順に多く、支給決定件数は「製造業」82件、「医療、福祉」70件、「卸売業、小売業」68件の順に多い。

(7)出来事別の支給決定件数は、「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」と「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」69件、「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」56件の順に多い。

 

精神障害の原因で嫌がらせ、いじめが上位にきており、パワハラやセクハラ等が原因のものも多いのが現実です。こうしたハラスメント対策をきちんと行うことが今後益々企業に求められていきます。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05400.html

 

「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表(6/27更新)

厚生労働省は、「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表致しました。

 

【ポイント】
1 総合労働相談件数、助言・指導の申出件数、あっせん申請の件数いずれも前年度より増加。
  総合労働相談件数は111万7,983件で、11年連続で100万件を超え、高止まり[P.3 1-(1)]

   ・総合労働相談件数                 111万7,983件(前年度比1.2% 増)
    →うち民事上の個別労働紛争※4相談件数   26万6,535件(    同  5.3% 増)
   ・助言・指導申出件数                   9,835件(    同  7.1% 増)  
   ・あっせん申請件数                     5,201件(   同  3.6% 増)

 

2 民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全てで、「いじめ・嫌がらせ」が過去最高
   ・民事上の個別労働紛争の相談件数では、82,797件(同14.9%増)で過去最高。[P.4 1-(3)]
   ・助言・指導の申出では、2,599件(同15.6%増)で過去最高。[P.7 2-(3)]
   ・あっせんの申請では、1,808件(同18.2%増)で過去最高。[P.10 3-(3)]

 

 事案の概要として、上司から「バカ」「クズ」 等といった侮辱的な発言や人を見下した言葉で詰め寄ってくるといっ た暴言などを日常的に受けているといった事例も紹介されております。

 

パワハラについても法制化が実現し、今後パワハラやセクハラ防止対策は益々重要となります。

 

資料の詳細は以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000521619.pdf

  

毎月勤労統計調査 平成31年4月分結果確報を公表(6/24更新)

厚生労働省から毎月勤労統計調査 平成31年4月分結果確報が公表されております。

 

(前年同月と比較して)   

・現金給与総額は276,551円(0.3%減)となった。うち一般労働者が357,840円(0.3%増)、パートタイム労働者が98,895円(0.6%減)となり、パートタイム労働者比率が31.09%(0.70ポイント上昇)となった。    

 なお、一般労働者の所定内給与は315,782円(0.8%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は  1,152円(1.9%増)となった。  

 

・共通事業所による現金給与総額は0.7%増となった。  

 うち一般労働者が0.7%増、パートタイム労働者が0.1%増となった。 

 

・就業形態計の所定外労働時間は11.1時間(1.8%減)となった。 

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/31/3104r/3104r.html

 

日本・東京商工会議所「人手不足等への対応に関する調査結果」を公表(6/10更新)

日本商工会議所ならびに東京商工会議所は、「人手不足への対応に関する調査」、「働き方改革関連法の認知度・準備状況に関する調査」、「外国人材の受入れニーズに関する調査」を一体で実施し、結果を取りまとめ公表しております。(6/6)

https://www.jcci.or.jp/news/2019/0606132502.html

 

【調査結果概要】

1)人手不足への対応に関する調査結果

人員が「不足している」と回答した企業は、2018年度調査結果(65.0%)と比べて1.4ポイント上昇の66.4%となり、深刻な人手不足の状況が続いている。

 

数年度(3年程度)の人員充足の見通しについては、半数以上の企業(52.1%)が「不足感が増す」と回答した。

 

)働き方改革関連法の認知度・準備状況に関する調査

〇法律の名称・内容を「知っている」と回答した企業は、「時間外労働の上限規制」が60.4%→79.5%、「年次有給休暇の取得義務化」が75.4%→89.9%、「同一労働同一賃金」は51.5%→68.1%と認知度は前回調査から上昇した。

 

〇施行時期を「知っている」と回答した企業の割合は、「時間外労働の上限規制」が61.2%→76.5%、「年次有給休暇義務」が71.5%→84.4%、「同一労働同一賃金」は45.5%→62.4%と、認知度は前回調査から上昇した。

 

〇準備状況について、「対応済・対応の目途が付いている」と回答した企業の割合は、「時間外労働の上限規制」が45.9%→63.1%、「年次有給休暇義務」が44.0%→77.3%と、前回調査から上昇した。一方、「同一労働同一賃金」は31.0%→36.0%にとどまっている。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.jcci.or.jp/20190606hitodebusokuchosa-kekkagaiyo.pdf

 

男性の育児休業取得者の割合6.16%(6/7更新)

厚生労働省は、「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を取りまとめ、公表しております。(6/4付)

 

「雇用均等基本調査」は、男女の雇用均等問題に関わる雇用管理の実態把握を目的に、毎年実施されています。今回の速報版では、育児休業取得者割合に関する調査項目について取りまとめられております。(確報版は、7月末頃公表予定)

 

 

【育児休業取得者の割合】
  女性 : 82.2% (対前年度比 1.0ポイント低下)
  男性 : 6.16%  (対前年度比 1.02ポイント上昇)

 

[調査の概要]
■調査の時期
平成30年10月1日現在の状況について、平成30年10月1日から10月31日までの間に実施。
■調査対象数
6,131事業所(有効回答数:3,795事業所、有効回答率:61.9%)

 

詳細は以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05049.html

 

平成30年の労働災害発生状況を公表(5/21更新)

厚生労働省は、平成30年の労働災害発生状況を取りまとめ公表しております。

 平成30年の労働災害による死亡者数は909人(対前年比7.1%減)であり、過去最少となりました。一方、休業4日以上の死傷者数は127,329人(対前年比5.7%増)と3年連続で増加しました。
 労働災害発生状況の概要は、次のとおりです。

・製造業

死亡災害のうち、「はさまれ・巻き込まれ」や「墜落・転落」によるものが依然として多く発生した上、輸送用機械等製造業や化学工業での災害が増加し、死亡者数が前年を上回りました。
建設業

死亡災害のうち、「墜落・転落」によるものが依然として多かったものの、「交通事故(道路)」によるものが減少したため、死亡者数が前年を下回りました。
林業

死亡災害のうち、伐倒した木などによる「激突され」によるものが大幅に減少したことなどから、死亡者数が前年を下回りました。
・陸上貨物運送事業

休業4日以上の死傷災害のうち、従来から多発していた「墜落・転落」、「転倒」、「動作の反動・無理な動作」によるものが増加するなどして、死傷者数が前年を上回るとともに、労働災害の発生率である死傷年千人率でも前年を上回りました。
・第三次産業

休業4日以上の死傷災害については「転倒」と腰痛などの「動作の反動・無理な動作」が引き続き増加傾向にあり、死傷者数が前年を上回りました。特に死傷災害が多い小売業、社会福祉施設、飲食店については、死傷者数が前年を上回り、小売業及び社会福祉施設では死傷年千人率でも前年を上回りました。

 

 「転倒」については、業種を問わず増加傾向にあり、休業4日以上の死傷災害の25%程度を占めています。特に高齢の女性での被災が多く、被災者のうち約26%が60歳以上の女性でした。

 

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04685.html

 

平成31年3月大学等卒業者の就職状況を公表(5/20更新)

 厚生労働省と文部科学省は、平成31年3月大学等卒業者の就職状況を共同で調査し、平成31年4月1日現在の状況を取りまとめ、公表しております。(5月17日)

 

 取りまとめの結果、大学生の就職率は97.6%(前年同期比0.4ポイント低下)で、調査開始以降2番目に高く、引き続き高水準となっております。

 

【就職率の概要】

● 大学(学部)は 97.6 % (前年同期比 0.4 ポイント低下)
● 短期大学は 98.6 % (同 0.5 ポイント低下)

● 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では 97.8 % (同 0.4 ポイント低下)

● 大学等に専修学校(専門課程)を含めると 97.7 % (同 0.2 ポイント低下)   

 

 詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000205940_00002.html

 

一般職業紹介状況(平成31年3月分及び平成30年度分)を公表(5/7更新)

厚生労働省は、一般職業紹介状況(平成31年3月分及び平成30年度分)を公表しております。

 

ポイント

〇平成31年3月の有効求人倍率は1.63倍で、前月と同じ水準。   

〇平成31年3月の新規求人倍率は2.42倍で、前月に比べて0.08ポイント低下。   

〇平成30年度平均の有効求人倍率は1.62倍で、前年度に比べて0.08ポイント上昇。

 

 平成31年3月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍となり、前月と同水準となりました。

 新規求人倍率(季節調整値)は2.42 倍となり、前月を0.08ポイント下回りました。

 正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.16 倍となり、前月を0.01ポイント上回りました。

 3月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.5%減となり、有効求職者(同)は0.5%減となりました。 

 3月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると6.0%減となりました。これを産業別にみると、 サービス業(他に分類されないもの)(11.0%減)、製造業(10.4%減)、卸売業,小売業(9.8%減)、学術 研究,専門・技術サービス業(9.3%減)、生活関連サービス業,娯楽業(8.3%減)などで減少となりました。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は福井県の2.30倍、最低は 北海道の1.27倍、受理地別では、最高は東京都と福井県の2.14倍、最低は沖縄県の1.18倍となりました。

 平成30年度平均の有効求人倍率は1.62倍となり、前年度の1.54倍を0.08ポイント上回りました。

 平成30年度平均の有効求人は前年度に比べ2.1%増となり、有効求職者は3.1%減となりました。

 

詳細は以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000504115.pdf

 

2018年度「人手不足」関連倒産 過去最多400件(4/15更新)

 ㈱東京商工リサーチの調査結果によると、2018年度(2018年4月-2019年3月)の「人手不足」関連倒産は400件(前年度比28.6%増、前年度311件)に達したようです。年度ベースでは、2013年度に調査を開始以来、これまで最多だった2015年度(345件)を上回り、最多件数を塗り替えました。

 

2018年度の「人手不足」関連倒産400件の内訳

・代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」型が269件(前年度比7.6%増、前年度250件)

・人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型が76件(同162.0%増、同29件)

・賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」型が30件(同114.2%増、同14件)

・中核社員の独立、転職などで事業継続に支障が生じた「従業員退職」型が25件(同38.8%増、同18件)

 

2018年度の産業別

サービス業他の105件(前年度比34.6%増、前年度78件)

内訳は、飲食業23件、老人福祉・介護事業12件、医療関係10件、人材派遣業9件、建築設計業などを含む土木建築サービス業7件など。

建設業75件(同4.1%増、同72件)

・製造業62件(同58.9%増、同39件)

・卸売業59件(同43.9%増、同41件)

・貨物自動車運送などの運輸業34件(同61.9%増、同21件)

 

詳細は、以下をご確認ください。

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190405_01.html

 

平成30年 障害者雇用状況の集計結果を公表(4/12更新)

 厚生労働省は、民間企業における、平成30年の「障害者雇用状況」集計結果を取りまとめ公表しております。


 障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は2.2%)以上の障害者を雇うことを義務付けています。
 今回の集計結果は、同法に基づき、毎年6月1日現在の身体障害者、知的障害者、精神障害者の雇用状況について、障害者の雇用義務のある事業主などに報告を求め、それを集計したものです。
 なお、法定雇用率は平成30年4月1日に改定されています(民間企業の場合は2.0%→2.2%、対象企業を従業員数45.5人以上に拡大)。

 

【集計結果の主なポイント】

<民間企業>(法定雇用率2.2%)
○雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新。
 ・雇用障害者数は53万4,769.5人、対前年7.9%(3万8,974.5人)増加
 ・実雇用率2.05%、対前年比0.08ポイント上昇
○法定雇用率達成企業の割合は45.9%(対前年比4.1ポイント減少)

 

雇用者のうち、身体障害者は 346,208.0人(対前年比3.8%増)、知的障害者 は121,166.5人(同7.9%増)、精神障害者は67,395.0人(同34.7%増)で、特に精神障害者の伸び率が大きかったようです。

 

実雇用率は、45.5~50人未満規模企業で1.69%、50~100人未満で1.68%(前 年は1.60%)、100~300人未満で1.91%(同1.81%)、300~500人未満で1.90% (同1.82%)、500~1,000人未満で2.05%(同1.97%)、1,000人以上で2.25%(同 2.16%)となっております。

 

詳細は、以下のページをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04359.html

 

「女性活躍の推進に関する政策評価」-実地調査結果の中間公表について(3/11更新)

総務省は、女性活躍の推進に関する政策評価の一環として、各事業所における女性活躍の推進に関する取組の実施状況を把握するため、従業員(常用雇用者)300人前後の地方中堅企業(約270事業者)を対象として、ヒアリングによる実地調査を実施し、その結果を事例集として取りまとめ中間的に公表しています。

 調査では、女性活躍の推進に向けた取組内容やそのきっかけ、取組実施に当たって工夫又は苦慮した(している)点、取組の効果や課題など、これまであまりスポットライトが当てられてこなかった地方中堅企業から、現場の「生の声」を把握し、これらの「生の声」を事例(164事業者)として整理しています。

 取組事例集は、全体版と産業ごとの分割版とが掲載されています。

女性活躍推進法の改正案は今国会に提出され、一般事業主行動計画の策定等の義務対象企業も101人以上に拡大される方向で動いています。

今後適用対象とされる予定の事業所の方は、参考となる事例もあるかと思いますので、ぜひ一度ご確認をお勧め致します。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/hyouka_190308.html

 

毎月勤労統計調査平成30年分および平成30年12月分結果確報(2/27更新)

厚生労働省は、31年2月22日に、毎月勤労統計調査の平成30年分結果確報と平成30年12月分結果確報を公表致しました。

 

〇毎月勤労統計調査 平成30年分結果確報
(前年と比較して) 

・現金給与総額は、一般労働者が423,464円(1.6%増)、パートタイム労働者が99,827円(1.3%増)、 パートタイム労働者比率が30.88%(0.19ポイント上昇)、就業形態計では323,553円(1.4%増)となった。   

なお、一般労働者の所定内給与は311,943円(1.0%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与 は1,136円(2.3%増)となった。

・就業形態計の所定外労働時間は10.8時間(1.4%減)となった。

・就業形態計の常用雇用は1.1%増となった。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/30r/dl/pdf30cr.pdf

 

〇毎月勤労統計調査 平成30年12月分結果確報

(前年同月と比較して)   

・現金給与総額は、一般労働者が773,941円(1.9%増)、パートタイム労働者が109,620円(0.5%増)、   パートタイム労働者比率が31.41%(0.30ポイント上昇)、就業形態計では565,767円(1.5%増)となった。    

なお、一般労働者の所定内給与は313,358円(1.0%増)、パートタイム労働者の時間当たり給与は1,148円(2.3%増)となった。  

・共通事業所による現金給与総額は、一般労働者が2.0%増、パートタイム労働者が0.1%減、 就業形態計では2.0%増となった。

・就業形態計の所定外労働時間は10.9時間(4.3%減)となった。

 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3012r/dl/pdf3012r.pdf

 

平成 31 年における労働災害発生状況について(2月速報値) (2/18更新)

厚生労働省が、労働災害発生状況について2月速報値を公表しました。(※ 平成 31 年1月1日から1月 31 日までに発生した労働災害について、平成 31 年2月7日までに報告があったものを集計したもの )

 

1 概況     

死亡者数 35 人 (前年同期比   ▲12 人、25.5%減少)     

休業4日以上の死傷者数 3,547 人 (  同     ▲267 人、7.0%減少)

 

2 死亡災害の発生状況  

(1)業種別発生状況     

製造業 8人 (前年同期比 ±0 人)     

建設業 11 人 (  同  ▲1人、8.3%減少) 

林業 0人 (  同  ▲5人、100%減少)     

陸上貨物運送事業 5人 (  同   ▲1人、16.7%減少) 

第三次産業 6人 (  同  ▲9人、60.0%減少)

 


 3 休業4日以上の死傷災害の発生状況 

(1)業種別発生状況      製造業 814 人 (前年同期比   ▲83 人、9.3%減少)     

建設業 483 人 (  同     +24 人、5.2%増加)     

陸上貨物運送事業 462 人 (  同      ▲75 人、14.0%減少) 

第三次産業 1,484 人 (  同     ▲132 人、8.2%減少)

 

死亡災害は、減少傾向に、休業4日以上の死傷災害も建設業を除き、

減少傾向にあります。

詳細は、以下をご確認ください。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/

 

2018年人事・労務に関する トップ・マネジメント調査結果について(1/30更新)

日本経済団体連合会は、1月22日に「2018年人事・労務に関する トップ・マネジメント調査結果」を公表しました。

 

この調査は、経団連会員企業及び東京経営者協会の主要会員企業(計1,484社) の労務担当役員等を対象に対象に、その年の春季労使交渉・協議の結果や、人事・労務に関するトッ プ・マネジメントの意識・意見などを調査するため、1969年から 毎年実施されているものです。(有効回答社数485社〔回答率32.7%〕) 

 

調査結果の中で、「賃金以外の項目で、労働組合等と実施を決定または実施した内容(複数回答可)」として、「年次有給休暇の取得促進」が62.3%、「時間外労働の削減・抑制」が61.8%となっており、働き方改革関連法案に関する部分の対応が多くの企業で行われていることがわかります。

 

また、副業・兼業の取扱いについては、「現在認めていない」が78.1%で、その内、「今後も認めるつもりはない」が43.5%となっています。副業・兼業を認めていない理由として「社員の総労働時間が把握できない」が64.6%、「社員の健康確保がはかれない」が54.5%、「疲労の蓄積によって社員の業務効率が低下する」が44.9%、「情報の漏洩が懸念される」29.3%となっており、情報漏洩の観点よりも、長時間労働へつながるリスクの観点から認めていないことがわかります。

詳細は、以下をご確認ください。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/005.pdf

 

平成 30 年における労働災害発生状況について(平成 31 年 1 月速報値)(1/23更新)

厚生労働省が、平成 30 年における労働災害発生状況について(平成 31 年 1 月速報値) を公表しました。

 

1 概況     

死亡者数 824 人 (前年同期比   ▲48 人、5.5%減少)     

休業4日以上の死傷者数 113,579 人 (  同   +5,469 人、5.1%増加)

 

3 休業4日以上の死傷災害の発生状況 

(1)業種別発生状況     

製造業 25,071 人 (前年同期比   +781 人、3.2%増加)     

建設業 14,020 人 (  同     +181 人、1.3%増加)     

陸上貨物運送事業 14,343 人 (  同      +941 人、7.0%増加) 

第三次産業 52,647 人 (  同    +3,247 人、6.6%増加)

 

(2)事故の型別発生状況     

転倒 28,353 人 (前年同期比 +3,205 人、12.7%増加)     

墜落・転落 19,003 人 (  同     +547 人、 3.0%増加)     

動作の反動・無理な動作 14,543 人 (  同     +453 人、 3.2%増加)     

※以下、「はさまれ・巻き込まれ」、「切れ・こすれ」、「交通事故(道路)」の順

 

休業4日以上の死傷災害は、第三次産業での増加が目立ちます。また、転倒事故が大幅に増加しています。人手不足の影響がここにもでているものと思われます。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/18-13.pdf

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/s18-13.pdf

 

平成30年度大学等卒業予定者の就職内定状況を公表(1/22更新)

 厚生労働省と文部科学省では、平成31年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を共同で調査し、平成30年12月1日現在の状況を取りまとめ公表しました。

 取りまとめの結果、大学生の就職内定率は87.9%(前年同期比1.9ポイント上昇)となり、平成9年3月卒の調査開始以降、同時期で過去最高となりました。

 

ー就職内定率の概要ー

● 大学(学部)は87.9%(前年同期比1.9ポイント上昇)
● 短期大学は75.6%(同0.2ポイント上昇)
● 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では87.2%(同1.6ポイント上昇)
● 大学等に専修学校(専門課程)を含めると86.1%(同2.2ポイント上昇)

人手不足の影響が、新卒採用にも現れています。

詳細は、以下をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00003.html

 

平成30年における労働災害発生状況について(12月速報値)が公表されました。(12/20更新)

厚生労働省が、12/19に、「平成 30 年における労働災害発生状況について(12 月速報値)」を公表しました。(※ 平成 30 年1月1日から 11 月 30 日までに発生した労働災害について、12 月7日までに報

告があったものを集計したもの)

 

1 概況     

死亡者数 764 人 (前年同期比   ▲21 人、2.7%減少)   

休業4日以上の死傷者数 104,452 人 (  同   +6,881 人、7.1%増加)  

 

2 死亡災害の発生状況

  (1)業種別発生状況     

製造業 151 人 (前年同期比 +14 人、10.2%増加)   

建設業 270 人 (  同   +5人、1.9%増加)

陸上貨物運送事業 79 人 (  同   ▲12 人、13.2%減少) 

第三次産業 203 人 (  同   +13 人、6.8%増加)
 ⇒製造業が大幅に増加しており、陸上貨物運送業が大幅に減少しております。


 (2)事故の型別発生状況     

墜落・転落 214 人 (前年同期比 ▲2人、 0.9%減少)     

交通事故(道路) 149 人 (  同   ▲11 人、6.9%減少)     

はさまれ・巻き込まれ 99 人 (  同   ▲25 人、20.2%減少)     

※以下、「崩壊・倒壊」、「激突され」、「飛来・落下」の順

⇒はさまれ・巻き込まれ事故が大幅に減少しております。

 

3 休業4日以上の死傷災害の発生状況 

(1)業種別発生状況     

製造業 23,084 人 (前年同期比 +1,068 人、4.9%増加)     

建設業 12,871 人 (  同     +437 人、3.5%増加)     

陸上貨物運送事業 13,187 人 (  同    +1,081 人、8.9%増加) 

第三次産業 48,452 人 (  同    +3,893 人、8.7%増加)
 ⇒第三次産業が大幅に増加しております。


 (2)事故の型別発生状況     

転倒 26,151 人 (前年同期比 +3,642 人、16.2%増加)     

墜落・転落 17,412 人 (  同     +854 人、 5.2%増加)     

動作の反動・無理な動作 13,286 人 (  同     +575 人、 4.5%増加)     

※以下、「はさまれ・巻き込まれ」、「切れ・こすれ」、「交通事故(道路)」の順

⇒転倒事故が大幅に増加しております。

 

死亡者数は、減少しておりますが、休業4日以上の死傷災害は、増加しております。

その中でも、第三次産業の増加が目立ち、転倒によるものが大幅に増加しております。

人手不足により、一人当たりの業務量が増加していることも大きく影響していると考えます。

来年、4月からの入管法改正により、少しでも、人手不足が解消され、労災事故の減少に

つながることを期待します。

 

平成30年における労働災害発生状況について(12月速報値) (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/18-12.pdf

 

平成30年 労働災害発生状況 (12月速報値) (PDF)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/s18-12.pdf

 

「平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果について(11/30更新)

厚生労働省から「平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果が公表されました。

 

「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、 性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的として、毎年7月に実施しています。 今回公表する内容は、新規学卒者の平成30年初任給(6月分)の結果で、調査客体として抽出された10人以上の 常用労働者を雇用する民間の事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で新規学卒者を採用した15,663事業所から、 初任給が確定している15,155事業所について集計したものです。

 

1 学歴別にみた初任給

・男女計の初任給は、全ての学歴で前年を上回った。       
     大学院修士課程修了 238,700円(前年比 2.3%増)

 大 学 卒 206,700円( 同  0.3%増))

 高 専 ・ 短 大 卒 181,400円( 同  1.2%増)

 高 校 卒 165,100円( 同  1.9%増)

 
・大学卒及び高校卒の男女別の初任給は、大学卒の女性を除き、前年を上回った。 
      大学卒                  高校卒

男性 210,100円(前年比 1.1%増)   男性 166,600円(同 1.5%増)

女性 202,600円( 同  0.7%減)      女性 162,300円(同 2.5%増)
 
 
2 企業規模別にみた初任給 男女計の初任給を企業規模別にみると、大学卒では、中企業(常用労働者100~999人)及び小企業(同10~99 人)において、高校卒では、大企業(同1,000人以上)、中企業及び小企業の全ての企業規模において前年を上回っ た。                        
 
男女計                    大企業                                            中企業                                  小企業

   大学卒   210,500円(前年比0.2%減)  204,200円(同0.8%増)  200,000円(同0.2%増)

   高校卒   166,500円(前年比1.5%増)  164,000円(同2.1%増)  165,200円(同1.8%増)  

 

人手不足の影響が初任給にも反映されています。大企業に比べ、中小企業の増加率が大きいのは、人手不足感がより強い現れではないでしょうか。

 

詳しくは、以下をご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/18/index.html

 

平成 30 年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況について(11/29更新)

厚生労働省より、平成30年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況について、資料が公表されました。

 

この調査は、民間企業(労働組合のない企業を含む)における賃金・賞与の改定額、改定率、 賃金・賞与の改定方法、改定に至るまでの経緯等を把握することを目的としています。

 

また、調査対象は、鉱業,採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、 運輸業,郵便業、卸売業,小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・ 技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業、教育,学習支援業、 医療,福祉、サービス業(他に分類されないもの) の業種のうち、製造 業及び卸売業,小売業については常用労働者注)30人以上、その他の産業については常用労働者 100人以上を雇用する企業のうちから、産業、企業規模別に層化して無作為に抽出した企業を 調査客体としています。

 

(結果の概要) 
 1 賃金の改定の実施状況

 平成30年中における賃金の改定の実施状況をみると、 「1人平均賃金を 引き上げた・引き上げる」企業割合は89.7%(前年87.8%)、「1人平均賃金を引き下げた・引き下 げる」は0.4%(同0.2%)、「賃金の改定を実施しない」は5.9%(同6.3%)となっている。

 

2 賃金の改定額及び改定率

 平成30年中に賃金の改定を実施し又は予定していて額も決定している企業及び賃金の改定を実施 しない企業について、賃金の改定状況をみると、 「1人平均賃金の改定額」 は5,675円(前年5,627円) 、「1人平均賃金の改定率」は2.0%(同2.0%)となっている。

 企業規模別にみると、 「1人平均賃金の改定額」は、5,000人以上の企業で7,109円(同6,896円)、 1,000~4,999人で5,645円(同5,186円) 、300~999人で5,247円(同5,916円) 、100~299人で5,039円 (同4,847円)となっている。 「1人平均賃金の改定率」は、 5,000人以上の企業で2.2%(同2.1%) 、 1,000~4,999人で1.9%(同1.8%)、300~999人で1.9%(同2.1%)、100~299人で1.9%(同1.9%) となっている。

 

3 定期昇給制度、ベースアップ等の実施状況

(1) 定期昇給制度の有無及び実施状況

 平成30年中に賃金の改定を実施し又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業につ いて、管理職の定期昇給(以下「定昇」という。)制度の有無をみると、「定昇制度あり」の企業 割合は78.3%(前年75.9%)、 「定昇制度なし」は21.1%(同21.9%)となっている。 「定昇制度あ り」の定昇の実施状況をみると、「行った・行う」は69.7%(同69.0%)、「行わなかった・行わな い」は8.1%(同6.3%)となっている。

 一般職の定昇制度の有無をみると、 「定昇制度あり」の企業割合は85.1%(同82.8%)、 「定昇制度なし」は14.4%(同14.9%)となっている。 「定昇制度あり」の定昇の実施状況をみると、 「行っ た・行う」は80.1%(同77.5%)、 「行わなかった・行わない」は4.5%(同5.0%)となっている。

 企業規模別にみると、 「定昇制度あり」の企業割合が最も高いのは、管理職は100~299人規模、 一般職は5,000人以上規模となっている。

 

(2) 定期昇給制度とベースアップ等の区別の有無及び実施状況

 賃金の改定を実施し又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業のうち、「定期昇給制度がある企業」について、ベースアップ(以下「ベア」という。)等の実施状況をみると、「定 昇とベア等の区別あり」の企業割合は、「管理職」は60.9%(前年61.4%)、「一般職」は63.4% (同64.2%)となっている。

 「定昇とベア等の区別あり」のベア等の実施状況をみると、 「ベアを 行った・行う」は、 「管理職」は24.2%(同22.9%) 、 「一般職」は29.8%(同26.8%)となってい る。

 

詳細は、以下をご確認ください。

 

平成30年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況(PDF)

 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/jittai/18/dl/10.pdf

 

厚生労働省 平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果について(11/21更新)

厚生労働省は、高年齢者を65歳まで雇用するための「高年齢者雇用確保措 置」の実施状況などを集計した、平成30年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)を取りまと め公表しました。

 

今回の集計結果は、この雇用状況を報告した従業員31人以上の企業156,989社の状況を まとめたものです。なお、この集計では、従業員31人~300人規模を「中小企業」、301人以上 規模を「大企業」としています。

 

今後とも、生涯現役で働くことのできる社会の実現に向けたさらなる取組を行うとともに、雇 用確保措置を実施していない企業に対して、都道府県労働局、ハローワークによる計画的か つ重点的な個別指導を実施していくようです。

 

【集計結果の主なポイント】※[ ]は対前年差

Ⅰ 65歳までの高年齢者雇用確保措置のある企業の状況

① 高年齢者雇用確保措置の実施状況 65歳までの雇用確保措置のある企業は計156,607社、99.8%[0.1ポイント増加] 
 
② 65歳定年企業の状況

65歳定年企業は25,217社[1,382社増加] 、16.1%[0.8ポイント増加]

中小企業では23,685社[1,229社増加] 、16.8%[0.7ポイント増加] 、 

大企業では1,532社[153社増加] 、9.4%[0.9ポイント増加]
 
Ⅱ 66歳以上働ける企業の状況

① 66歳以上働ける制度のある企業の状況

66歳以上働ける制度のある企業は43,259社、割合は27.6%

中小企業では39,699社、28.2%、 

大企業では3,560社、21.8%
 
② 70歳以上働ける制度のある企業の状況

70歳以上働ける制度のある企業は40,515社[5,239社増加]、割合は25.8%[3.2ポイント 増加]  

中小企業では37,232社[4,453社増加] 、26.5%[3.1ポイント増加] 

大企業では3,283社[786社増加] 、20.1%[4.7ポイント増加]
 
③ 定年制廃止企業の状況

定年制の廃止企業は4,113社[49社増加]、割合は2.6%[変動なし]

中小企業では4,032社[49社増加] 、2.9%[0.1ポイント増加] 

大企業では81社[変動なし]

 

65歳までの雇用延長については、法律で義務づけられているため、ほぼすべての企業で導入されておりますが、66歳以降の雇用確保については、現在のところ、約3割にとどまっており、政府の目指す70歳までの雇用確保については、まだ課題も多く、なかなか浸透していない状況がわかります。

 

人手不足で求人を出しても採用がうまくいかない企業については、高齢者雇用を検討されていない場合、高齢者雇用の助成金をうまく使い、高齢者雇用を検討してみるのも一つの方法だと思います。

 

平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果(PDF)

 

https://www.mhlw.go.jp/content/11703000/000398101.pdf

 

「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」(10/26更新)

厚生労働省が、「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」を公表しました。

【結果の概要】

労働時間制度

1)所定労働時間

1日の所定労働時間は、1企業平均7時間 46 分(平成 29 年調査7時間 45 分) 、労働者1人平 均 7 時間 45 分(同 7 時間 43 分)となっている。 週所定労働時間は、1企業平均 39 時間 31 分(同 39 時間 25 分) 、労働者1人平均 39 時間 02 分 (同 39 時間 01 分)となっている。 

 

2)週休制

「何らかの週休2日制」を採用している企業割合は 84.1%(平成 29 年調査 87.2%)となっている。 「完全週休2日制」を採用している企業割合は 46.7%(同 46.9%)となっている。

 

3)年間休日総数

平成 29 年(又は平成 28 会計年度)の年間休日総数の1企業平均は 107.9 日(平成 29 年調査 108.3 日)、労働者1人平均は、113.7日(同113.7日)となっている。

 

4)年次有給休暇

平成 29 年(又は平成 28 会計年度)1年間に企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数を除 く。 )は労働者1人平均 18.2 日(平成 29 年調査 18.2 日) 、そのうち労働者が取得した日数は 9.3 日(同 9.0 日)で、取得率は 51.1%(同 49.4%)となっている。

 

5)特別休暇制度

夏季休暇、病気休暇等の特別休暇制度がある企業割合は 60.3%となっており、これを特別休暇制度の種類別(複数回答)にみると、 「夏季休暇」44.5%、 「病気休暇」25.5%、 「リフレッシュ休 暇」 12.4%、 「ボランティア休暇」 4.3%、 「教育訓練休暇」 4.2%、 「1週間以上の長期の休暇」 14.8% となっている。

 

6)変形労働時間制

変形労働時間制を採用している企業割合は 60.2%(平成 29 年調査 57.5%)となっている。企 業規模別にみると、 「1,000 人以上」が 74.5%、 「300~999 人」が 68.8%、 「100~299 人」が 62.4%、 「30~99 人」が 58.2%となっている。産業別にみると、 「鉱業,採石業,砂利採取業」が 80.2%で 最も高く、 「金融業,保険業」が 27.6%で最も低くなっている。 これを変形労働時間制の種類別(複数回答)にみると、 「1年単位の変形労働時間制」が 35.3%、 「1か月単位の変形労働時間制」が 22.3%、 「フレックスタイム制」が 5.6%となっている。

 

7)みなし労働時間制

みなし労働時間制を採用している企業割合は 15.9%(平成 29 年調査 14.0%)となっており、 これをみなし労働時間制の種類別(複数回答)にみると、 「事業場外みなし労働時間制」が 14.3%、 「専門業務型裁量労働制」が 1.8%、 「企画業務型裁量労働制」が 0.8%となっている(第 10 表)。
 

8)勤務間インターバル制度

1年間を通じて実際の終業時刻から始業時刻までの間隔が 11 時間以上空いている労働者が「全 員」 の企業割合は 40.5%(平成 29年調査37.3%)、 「ほとんど全員」 の企業割合は 33.5%(同 34.3%) となっている。また、「ほとんどいない」の企業割合は 2.1%(同 3.5%)、 「全くいない」の企業割 合は 6.8%(同 9.2%)となっている。

また、 勤務間インターバル制度の導入状況別の企業割合をみると、 「導入している」が 1.8%(平成 29 年調査 1.4%)、 「導入を予定又は検討している」が 9.1%(同 5.1%)、 「導入予定はなく、検討も していない」が 89.1%(同 92.9%)となっている 。

 勤務間インターバル制度の導入予定はなく、検討もしていない企業について、導入予定はなく、 検討もしていない理由(複数回答)別の企業割合をみると、「超過勤務の機会が少なく、当該制度 を導入する必要性を感じないため」が 45.9%(平成 29 年調査 38.0%)と最も多く、次いで、 「当該 制度を知らなかったため」が 29.9%(同 40.2%)となっている。

 

その他、賃金制度、退職給付制度については、以下をご確認ください。

 

平成30 年就労条件総合調査の概況(PDF)

 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/18/dl/gaikyou.pdf

 

勤務間インターバル制度については、来年度助成金の拡充が予定されています。残業が発生しない企業は対象外ですが、残業のある企業で、導入を検討されている場合は、助成金の活用をお勧め致します。ご相談は、当事務所まで。