「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」のアーカイブを公開(12/12更新)

厚生労働省が運営する「働き方・休み方改善ポータルサイト」では、11月27日(金)にオンライン配信された「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」のアーカイブを公開されております。

 

プログラム

第一部 「勤務間インターバル制度」の導入に向けて

基調講演①

学習院大学経済学部 名誉教授 今野 浩一郎 氏

 

基調講演②

独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
過労死等防止調査研究センター センター長 高橋 正也 氏

 

事例発表「先進企業に学ぶ勤務間インターバル制度の活用方法」

情報提供
「勤務間インターバル制度導入マニュアル」についてのご紹介

第二部 パネルディスカッション「勤務間インターバル制度の効果的な運用に向けて」

 

勤務間インターバル制度の導入を検討されている方は、視聴されてみてはいかがでしょうか。

詳細は、以下をご確認ください。

 

 

「勤務間インターバル制度導入・運用マニュアル」、「働き方改革推進支援センター」サポート事例ご紹介(8/13更新)

厚生労働省の運営する働き方改革 特設サイト(支援のご案内)に、新たに、

・「勤務間インターバル制度導入・運用マニュアル」

・「働き方改革推進支援センター」サポート事例

が掲載されております。

 

〇「勤務間インターバル制度導入・運用マニュアル」

全80ページで、以下の内容で構成されています。

1.勤務間インターバル制度について

2.勤務間インターバル制度の導入・運用に向けた取組の全体像

3.勤務間インターバル制度導入の手順

4.勤務間インターバル制度を導入している企業の事例紹介

5.参考情報

 

〇「働き方改革推進支援センター」サポート事例

以下の内容が利用可能な助成金も含め紹介されています。

●労務管理のサポートに関する事例 

●年次有給休暇取得促進に関する事例 

●労働時間の見直しに関する事例 

●人手不足対応に関する事例

●同一労働同一賃金に関する事例 

●賃金引上げに関する事例 

●よろず支援拠点との連携事例 

●業種別の支援等に関する事例 

 

詳細は、以下をご確認ください。

 

労働時間等設定改善法の改正・勤務間インターバル制度のリーフレットを公開(3/27更新)

厚生労働省は、労働時間等設定改善法の改正・勤務間インターバル制度のリーフレットとして、「ワーク・ライフ・バランスの実現のためには、労使の自主的な取り組みが重要です。」というパンフレットを公開しております。

 

このたび、労働時間設定改善法が改正され、新たに勤務間インターバル制度の導入や他の企業との取引にあたって、短納期発注や発注内容の頻繁な変更を行わないことが努力義務とされ、労働時間等設定改善企業委員会の決議に係る労働基準法適用の特例が設けられました。(平成31年4月1日施行)

 

この資料は、労働時間等設定改善法、労働時間等見直しガイドライン及び勤務間インターバル制度についてまとめたものです。

 

内容は以下の構成となっております。

・労働時間等設定改善法について

・労働時間等見直しガイドラインについて

・勤務間インターバル制度について

 

それぞれ、図表を用いてわかりやすい資料となっております。

ぜひ一度ご確認ください。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000493467.pdf

 

「働き方・休み方改善ポータルサイト」に勤務間インターバル制度に関するページを開設(2/12更新)

厚生労働省は、「働き方・休み方改善ポータルサイト」に、勤務間インターバル制度に関するページを開設しました。

 

「勤務間インターバル制度」とは、1日の勤務終了後、翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル時間)を確保する仕組みです。働き方改革関連法により、勤務間インターバル制度の導入は、事業主の努力義務とされております。

  

毎日少しずつでも睡眠不足が続くと、疲労が慢性化していき、徹夜したのと同じ状態になってしまうという米国の実験結果も出ており、当然、仕事にも支障をきたしますので、毎日しっかりと睡眠時間をとることが重要であると言われております。

  

導入事例なども掲載されておりますので、ご興味のある方はぜひ一度ご確認ください。 

https://work-holiday.mhlw.go.jp/interval/

 

「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会報告書」が、公表されました。(12/24更新)

12/5に「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」報告書(案)について、記載しましたが、この度、12/21に、厚生労働省より、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会報告書」が、公表されました。

 

【報告書のポイント】
1 「勤務間インターバル制度」は、労働者の終業時刻から、次の始業時刻の間に一定時間の休息を設定する制度であり、労働者の生活時間や睡眠時間を確保し、健康な生活を送るために重要な制度であること。

2 制度の普及に向けた課題として、制度の認知度が低いことや中小企業等が導入する際の手順が分からないことが挙げられること。

3 普及促進に向けて、検討会報告書の別添としてとりまとめた「勤務間インターバル制度導入に向けたポイント」や導入事例集の周知、助成金による支援を進めていくことが重要であること。

詳細は、以下をご確認ください。

■(資料1) 勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会報告書概要(PDF:578KB)
■(資料2) 勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会報告書(PDF:826KB)