よくある質問

Q1:社会保険労務士にはどんなことをしてもらえるのでしょうか?

A1:社会保険労務士は、人材に関する専門家であり、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたります。

主な内容として以下がございます。

・社会保険の手続の代行(入退社手続き、労災申請、育児休業手続き等)

・労務相談(例:解雇や雇止め、パワハラの対応や労働基準監督署の調査対応等)

・就業規則の作成、変更

・助成金の申請代行

・年金相談、申請代行

・給与計算

 

Q2:貴社に依頼するメリットは?

A2:当事務所代表は様々な業種や規模の採用、退職、労働時間管理等の労務相談を担当し、大学院でも労働法を基礎から勉強し、法律と実務ともに精通しているため、法律は、こうなっていますといった、役所へ問い合わせれば、わかるような杓子定規な回答ではなく、今までの経験で蓄積された他社事例などを考慮し、今、何がこの会社にとってベストな選択なのかを考えた現実的なアドバイスを受けることができます。

その結果、「人を大切にする経営」を実現し、良好な労使関係を維持し、それにより、生産性の向上を事業主様とともに目指すことが可能となります。

 

Q3:手続き業務は社内で出来ますので、相談業務のみお願いすることはできますか?

A3:もちろん喜んでお引き受け致します。役所には聞きにくいこともあると思いますし、聞いてはみたもののよくわからないこともあると思います。身近に気軽に相談できる相手がいると、心強いと思います。

 

Q4:小さい会社・個人事業主でもお願いできますか?

A4:当事務所のお客様は、中小企業の事業主様が中心です。会社規模や従業員数は関係ありません。事業主の皆さんが時間と経費を無駄に使われないようにお手伝いさせていただきます。

 

Q5:どの地域まで、対応できますか?

A5:訪問によるご相談は、東京都、神奈川県、埼玉県をサービスエリアとしております。ただし、メールや電話での対応でよろしければ、地域を限定せずに対応致します。

 


Q6:スポットでのお仕事もお願いできますか?

A6:もちろん、喜んでお引き受け致します。お気軽にご相談ください。

 

Q7:必要な時は、他の専門家を紹介してもらえますか?

A7:ご要望に応じてご紹介させていただきます。

 

Q8:健康保険組合に加入していますが、対応できますか?

A8:もちろん、対応できます。健康保険組合の手続は、協会健保に比べ、事務処理が細かく大変です。当事務所にご依頼いただくことで、時間と経費の節約ができると思います。

 

Q9:業種によってお受けできないこともございますか?

A9:ございません。全ての業種をお引き受けいたします。当事務所代表は、15年間、社労士事務所にて、大企業から中小企業まで、様々な業種の顧問をして参りました。

 

Q10:定期的な訪問はあるのでしょうか?

A10:顧問契約を結んでいただければ、ご希望があれば、毎月定期的に訪問させていただきます。その際に事業主様と色々な会話を通じ貴社の現状を教えて頂くことにより、貴社のメリットとなる最新情報をご提供できる場合もございます。

 

Q11:個人側の労働相談にものっていただけますか?

A11:原則として、対応させていただきます。

ただし、当事務所の顧問先やその関連企業の従業員の方の場合、お断りさせていただきます。

 

このボタンをクリックする

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓